投稿日:2022年12月31日

株式会社吉川建設で水道工事の現場監督になるために必要な資格とは?

こんにちは!
兵庫県神戸市を拠点に活動しております株式会社吉川建設です。
弊社は水道管の埋設工事をはじめ、給水管・排水管の引込工事などの上下水道工事、水道土木工事や施工管理を手掛けております。
水道工事には、現場に資格を持った技術者が必要です。
ここでは水道工事の種類や上下水道工事の現場監督に必要な資格を紹介していきます。

水道工事には種類がある

水道工事
はじめに、水道工事に必要な資格紹介の前に工事の種類を解説していきましょう。
水道工事の種類は大きく3つに分けられます。
1つ目は、地中に埋まっている排水管から家の敷地内に水道管を引き込む「給水管引込工事」です。
2つ目は水道メーターからキッチンやお風呂の蛇口までの工事を「屋内配管工事」といいます。
3つ目は排水を排水口から汚水桝へ流す配管工事「下水道排水設備工事」です。
弊社では主に「給水管引込工事」を手がけております。

水道工事に必要な主な資格

水道工事に必要な資格に「給水装置工事主任技術者」があります。
給水装置の設置から撤去などを行うことができる国家資格で、水道業界では欠かせない資格です。
弊社で取り扱う「給水配管引込工事」を行う際にも必要な資格で、資格保有者の監督下でなければ作業することができないため、重要な資格となります。
他にも水道工事に必要な資格がありますのでご紹介します。
「下水道排水設備工事責任技術者」とは排水装置の設置やメンテナンスを行う資格です。
必ず技術者が1名以上在籍していなければ下水道設備に関する工事を行うことができない、重要な資格となります。
「管工事施工管理技士」は水道工事において配管工事を行うために必要な資格です。
国家資格で水道管だけでなく、空調やダクトガス管など管工事に関する知識が必要となるため、工事現場での役割は大きいでしょう。
「水道技術管理者」は水道工事に特化した資格で、水質や給水装置の構造、材質の検査などさまざまな検査を行うことができる資格です。
水道業界で必要な資格を複数保有していると、仕事の幅が広がります。
弊社では資格取得支援制度もありますので、働きながら新たな資格の取得を目指すことが可能です。

資格を活かして現場監督として活躍しませんか?

手を出す女性
現在、株式会社吉川建設では、有資格者、現場監督経験者を求人募集しております。
仕事とプライベートを両立させて、現場監督として活躍したい方は一緒に働きませんか?
即戦力としてお迎えいたします。
興味をお持ちの方はお問い合わせください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社吉川建設は兵庫県神戸市の上下水道工事業者です|求人中
株式会社吉川建設
〒652-0041 兵庫県神戸市兵庫区湊川町8丁目2-3
TEL/FAX:078-521-0816


関連記事

スポットクーラー

スポットクーラー

今年も暑い夏が、やって来ましたので 今年は、スポットクーラーを購入配置してみました。 …

汚水管新設工事

汚水管新設工事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社吉川建設では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

お問い合わせ  採用情報